「ザガーロ系薬剤」 一覧

ザガーロは、2015年に日本での処方がはじまったAGA治療薬。

有効成分はデュタステリドで、前立腺肥大症治療薬の研究過程で発見されました。

プロペシア系薬剤では薄毛・抜け毛の改善が見られなかった人にも効果が期待できるため、AGA治療薬のなかでもっとも強い薬として認識されています。

ザガーロの効果

ザガーロってこんな薬

ザガーロ(デュタステリド)は、1型5αリダクターゼ・2型5αリダクターゼの両方を抑制します。

5αリダクターゼは、AGAの原因である悪玉男性ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)を生成。間接的ではありますが、薄毛・抜け毛の大きな要因のひとつなのです。

1型5αリダクターゼ▶側頭部、後頭部の皮脂腺に多く存在する
2型5αリダクターゼ▶前頭部、側頭部の毛母細胞に多く存在する

デュタステリドを投与すれば、

5αリダクターゼの活性を抑える=DHTが作られない=抜け毛を予防できる

というAGA改善作用が、頭部全体に作用。

プロペシア(フィナステリド)よりも強力だといわれる理由は、すべての5αリダクターゼに働くからなんですね。

ザガーロの飲み方(服用方法)

ザガーロの飲み方

ザガーロの服用方法は、1日1回1カプセルが基本。

デュタステリドとして摂取できるのは0.1mgから最大0.5mgまでで、カプセルも0.1mgと0.5mgの2種類が用意されています。(※海外製品は0.5mgのみという商品がほとんど)

服用タイミングに指定はなく、食前or食後、朝昼夜、いつでもOK。
血中濃度を一定にキープするため、毎日同じ時刻に飲むことが推奨されています。

飲み合わせNGの飲みものや食材がないので、食習慣や好みに左右されることなくザガーロの服用を習慣づけられますね。

ザガーロの副作用

ザガーロ服用の注意点

ザガーロ(デュタステリド)で報告されている副作用は以下の通り。

【発症率1%以上】
勃起不全
性欲減退
精液減少
【発症率1%未満】
発疹
頭痛
女性化乳房、乳頭痛

いずれも発症率は低いため、過剰に心配することはありません。
体調に異変を感じた場合には、ザガーロの摂取量を減らしてみる、または医師に相談するといった対策を講じてください。

上記以外には、まれに肝機能障害を生じるおそれがあります。
肝機能障害は、ザガーロを代謝するために肝臓に負担がかかるせいで起こる症状。倦怠感食欲不振黄疸などが現れた場合には、ただちに医療機関を受診しなくてはいけません。

副作用以外の注意点

ザガーロは、AGAなら誰でも服用可能というわけではありません。
男性でも飲んではいけない人、飲んでもいいけど注意が必要な人など、さまざまな条件があります。

【ザガーロの服用が禁止されている人】

女性
子供
重度の肝障害
デュタステリドやフィナステリドにアレルギーの既往歴がある

女性が服用できないのは、女性の薄毛改善に効果がないからだけではありません。
デュタステリドは男性ホルモンへの影響が大きいため、女性が男児を妊娠していた場合には胎児の発育に支障をきたす危険が伴います。
デュタステリドは経皮吸収できてしまうため、女性が触れることのないよう配慮が必要です。

献血によってザガーロ成分が女性や子供に取り込まれるのを防ぐため、ザガーロを服用しているまたは服用中断から6ヵ月以内の男性は献血ができません

ザガーロは効果の高いAGA治療薬ですが、「自分の健康を維持できるか?」を服用前にかならず確認してください。

記事がありません

Copyright© プロペシア通販|コレがAGA治療の必須ツール , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.