「ミノキシジル系薬剤」 一覧

ミノキシジルは、日本人男性にとってプロペシアよりも身近なAGA治療薬として浸透しています。
ミノキシジルは成分名ですが、リアップという商品名なら聞いたことがある・試したことがあるという人は多いはず。

リアップはミノキシジルを5%配合した外用薬で、発毛・育毛・脱毛の予防に効果があると厚生労働省も認可しているほど。
2018年にはジェネリックの製造・販売が開始され、さまざまな製薬メーカーが商品展開に乗り出しています。

しかし!
ここでオススメしたいのは、リアップ・ジェネリックではありません。

積極的なAGA治療に必要なのは、塗り薬ではなく身体の中から効かせる内服薬(飲み薬)!
血流にのって有効成分を行き渡らせるので、塗り薬よりも早く&確実に効果が得られます

頭皮に塗る方が効きそうだけど…
飲み薬と塗り薬で、効果や副作用はどう違う?

ミノキシジルがハゲに効く理由や身体への影響、飲み薬と塗り薬の違いを知って、自分に適した商品を探してみましょう。

ミノキシジルが発毛剤と呼ばれる理由

ミノキシジルが発毛に有効な理由

ミノキシジルはもともと、高血圧治療に用いる血管拡張剤として開発が進められていた成分。
その研究中体毛が増えるという副作用が現れたことから、薄毛治療薬として生まれました。

血管が拡がって血のめぐりがスムーズになると、毛母細胞への栄養運搬も活発になります
たっぷりと栄養を受け取った毛母細胞はどんどん細胞分裂を続け、健康な毛髪へと成長。

ミノキシジルによる頭皮の血流アップが、フサフサヘアへの重要なカギなんですね。

ミノキシジル製品は2種類

ミノキシジルは内服薬と外用薬、どちらを選んでもOK!
もっとも大きな違いは、効果と副作用の現れ方です。

内服薬(飲み薬)
大きな変化が実感しやすい&効果の発現が早い、副作用が出やすい
外用薬(塗り薬)
効果を感じるまでに時間がかかるが、副作用は少ない

多少のリスクを負ってでもとにかく生やしたい!という男性は、飲み薬一択。
反対に、AGAはさほど重症化していないから塗り薬でら安全かつ確実にケアしていきたい…というのもアリです。
症状や目的に合わせて、検討・選択してみてください。

【飲み薬】ミノキシジルタブレット

ミノキシジルを配合した内服薬として、最初に誕生したのがロニテン(Loniten)です。
その後、ミノキシジルタブレットやロニタブといった名称のジェネリックが開発されました。

飲むタイプは、毎日服用を続けることで育毛・発毛に適した頭皮環境作りをサポート
数ヵ月~数年ほど飲み続けて髪のボリュームが戻ってきたら、ミノキシジルは卒業できます。

薄毛が改善できると言われているミノキシジルですが、AGA治療において内服薬を用いることは日本で認められていません。
発毛剤として国内で販売されているのは塗り薬のみ。
より効果の高い飲み薬が欲しい人は、個人輸入代行の通販サイトを利用する必要があります。

>> 個人輸入代行サイトとは?
>> ミノキシジルタブレットの通販はコチラ

【塗り薬】リアップ

2019年現在、メディカルミノキやリグロ、ミノグロウなど、さまざまな塗るミノキシジルが展開されています。
なかでも、日本の薄毛男性なら誰もが知っているのがリアップ。
日本規格で最大量のミノキシジル5%を配合していて、多くの男性が憧れ、頼りにしている商品です。

外用薬は濃度が高いほど効果も高いとされており、海外では7%、12%、15%、16%の商品も展開されています。

>> ミノキシジル7%以上配合の塗り薬はコチラ

ミノキシジルは副作用が出やすい?気になる症状とは

ミノキシジルの副作用
ミノキシジルは、飲み薬・塗り薬ともに副作用が報告されています。

飲み薬の副作用
胸の痛み、動悸、呼吸困難
むくみ
うっ血性心不全
初期脱毛

十分な安全性が検証されていないことから、日本においてミノキシジルは内服すべきでないとされています。
(※参考 日本皮膚科学会ガイドライン

塗り薬の副作用
頭皮のかゆみ、かぶれ、発疹、発赤など
頭痛、めまい
胸の痛み、動悸
急激な体重増加、むくみ

(※参考 KEGG

塗り薬は副作用が軽く、現れたとしても皮膚症状がほとんどです。
しかし、体内に取り込む飲み薬は頭皮以外にも悪影響をおよぼす可能性があるため、体調の変化には常に注意を払っておかなくてはいけません。

血流の改善がおよぼす影響

ミノキシジルの直接的な働きは、血管拡張および血行促進。
血のめぐりが改善されると身体によさそうですが、副作用のリスクも多く潜んでいるのです。

むくみ
むくみを経験したことがないという男性でも、ミノキシジルを飲み始めると手足や顔のむくみに悩まされることがあります。
1、血流が増える
2、血液の濃度が低下する
3、濃度を上げるため、不要な水分が血管外へ排出される
4、細胞のすきまに水分が溜まり、むくみとなる

ミノキシジルを降圧剤として服用する場合には利尿剤との併用が推奨されているほどで、体内の水分・塩分のバランス維持を意識しておく必要があります。

動悸
血流が増えると心臓も速く動く必要があるため、動悸やめまいが起こりやすくなります。
とくに飲み薬を服用しはじめた頃に現れやすい症状で、身体が慣れてくれば治まります。
長期服用による心臓肥大のリスクを抱えているため、ミノキシジルを内服する際は必要最小限の量に留めておきましょう。
低血圧
もともとミノキシジルは降圧剤。正常な血圧の人が服用すると、低血圧のリスクが高まります。
頭痛、倦怠感、ふらつき、不整脈を招きやすいので、体調の変化には留意してください。

髪を増やしたいのに抜ける・・恐怖の初期脱毛

育毛・発毛のためにミノキシジルを活用しているのに、抜け毛の量が増えてしまうことがあります。
これはヘアサイクルが整い始めている証拠で、髪の生えかわりが促されているために起こる症状。

生える髪よりも抜ける髪の量が多いため、ミノキシジルを服用する前よりも薄毛が悪化したように見えて精神的にツラい時期でもあります。
しかし、古い髪が抜けて新しい髪が育つというサイクルを安定させる準備期間として、前向きな気持ちで捉えておきましょう。

薄毛治療とED治療は両立できない・・??ミノキシジルと併用できない薬をチェック

ミノキシジルの飲み薬は、ほかの医薬品と併用すると身体に大きな負担を与えてしまう場合があります。

健康を損なわずにAGA治療を継続する
AGA以外に治療中の病気を悪化させない

それぞれの視点から安全を守るためにも、ミノキシジルと飲み合わせ禁止・注意すべき薬について確認しておきましょう。

ミノキシジルとED治療薬は併用禁止

AGAは男性にとって大きなコンプレックスですが、同じくらい男としての自信を失ってしまうのがED(勃起不全)です。

しかし、ミノキシジルとED治療薬を併用することはできません。
バイアグラやシアリス、レビトラといったED治療薬は、血行促進作用によって勃起をサポートします。

ミノキシジルとED治療薬、どちらも血流改善の働きを持っているため、同時に摂取するとそれぞれの働きを強めてしまうことに。
過剰な成分を代謝するために肝臓に大きな負担がかかるだけでなく、急激な血圧の低下を招くおそれがあり非常に危険です。

ほかにもある、一緒に飲んではいけない薬

ミノキシジルの併用禁忌薬は、以下の通り。

ED治療薬(シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルなど)
片頭痛薬(スマトリプタン、リザトリプタンなど)
消炎鎮痛剤(イブプロフェン、非ステロイド性抗炎症薬)

片頭痛薬は血管収縮作用があるため、お互いの働きを押さえこんでしまいます。
鎮痛剤は血圧に作用するため、ミノキシジルによって血流が増えると血圧がコントロールできない状態に。

またミノキシジルを服用中は、飲酒も控えておきましょう。
アルコール摂取時には血流が活発になっているため、急激な血圧の低下やめまい、動悸が起こりやすくなります。
どうしてもお酒を飲む場合には、ミノキシジルの服用と5時間以上の間隔を空けてください。

ロニタブとは

ミノキシジル系薬剤

【ロニタブ】ミノキシジルの内服薬、ちょっと試してみたい人に

2019/11/26  

ロニタブは、飲むタイプのミノキシジルです。 インドの製薬会社・インタスファーマが手掛ける商品で、10錠単位で販売されているのが特徴。 ✔ ミノキシジルタブレットを飲んでみたいけど、いきなり100錠も買 ...

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル系薬剤

【ミノキシジルタブレット】飲む発毛剤!身体の中から頭皮環境を整える

2019/11/26  

ミノキシジルタブレット・通称「ミノタブ」は、飲む発毛剤として評判のAGA治療薬。 ✔ リアップを使ってみたけど、効いてるのかよくわからなかった ✔ 少しでも早く髪を増やしたい 薄毛男性の切実なニーズに ...

Copyright© プロペシア通販|コレがAGA治療の必須ツール , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.